SSブログ
前の1件 | -

携帯電話「090」はおじさんのサイン「ウワサの真相」をケータイの歴史から検証 [注目]

最近、SNSで携帯番号の頭が「090」の人はおじさん(のサイン)と言われる︙と話題になってるようです。

記事内容によると

現在、携帯電話の番号は「090」、「080」、「070」から始まる11桁が使われている。090は本当に古いのか。

携帯電話番号は1979年に東京23区で自動車電話サービスがスタートしたのが始まり。この時、030で始まる10桁の電話番号が生まれた。

90年代後半には030のほかに「080」、「010」、「040」も使用された。

99年に利用者の増加にあわせて、現在の11桁に変更。
その際、番号の始まりが「090」に統一され、これより前から携帯電話を利用していた人は、番号を変えない限り「090」が割り当てられている。

しかし、携帯電話の需要がますます増えて、「090」では足りなくなり、2002年には「080」が追加に。さらに13年には、99年から「PHS」に使用されていた「070」が加わった。

総務省は2017年、「060」で始まる電話番号を利用できるようにする改正省令案を公表している。ただ、時期は未定としており、きょうまで使われていない。

詳細ソース→【J CASTトレンド】参照一部抜粋引用

結局「090」はおじさんレベルなのか、はソースに載ってのるで参考までに^^;

因みにうちの携帯番号頭は「080」です。
1回だけ電話番号変えたのは覚えてるけど、それがドコモからauに変更したときか、auからドコモに戻った時かというのは覚えてないです(苦笑)

携帯番号を変えなくても通信会社は変更できるようになってるので、たぶん最初のドコモからauに乗り換えた時に当初の頭番号だった090からauに変更して080になったんだと思います^^;

携帯番号の頭で思いっきり世代ばれそうですがw
「080」も誕生して20年近いそうなので、この番号も遠くないうちにおじさんサインと思われるようになるかも?(苦笑)

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース
前の1件 | -